ITの「理想」のオフィスのあり方。

ITの理想的なオフィスのあり方とはどんなものなのでしょう。ITを活用し働きやすい環境が作れるものなのか。ITの技術とその恩恵により業務の効率化を図り最適化を考えていかなければなりません。

この10年でオフィスは驚くほど変化してきました。1人に一台のパソコン、携帯電話も各個人が持っていて普通。リーズナブルな値段で手に入れられ自由に使えるようになったパソコン、インターネットへの接続がブロードバンドへ移行してきて、オフィスの環境はますますIT化が進んできています。

理想的なITのオフィス環境はさらに技術を取りこみ、個人対個人の集まりにより進んでいくようになります。今のタブレットの機器だってもっと進化していきますよ。そうすればもう一台のパソコンの超小型を持ち歩いているのと同じです。

理想的なオフィスになるよう進めてきた主旨は、やはり仕事のやり易さと仕事の効率化や省力化に違いありません。文章がペーパーレスになりファイルはサーバーの中にあって社内の人間に共有されています。

命令系統の内容はメールで送受信されるまでになりました。さらに報告書はメールで関係部署に送れます。

いままでに作成された文書のコピーや清書などという非生産的な作業からも解放され、現在の保存された文章をそのまま取り出し、関係部署にメールで送ればそれで事足ります。

さらに通信手段も今はパソコンや携帯電話やスマホ、タブレットがあり、音声通話だけでなくお互いに顔を見ながら話せるパソコンによる通話も可能です。タブレットがあれば社内にある資料を瞬時に取り出せ、商談にも使えます。

これにより弊害も出てくるのは必至。始終どこでも連絡が取れるツールを持ち歩いている訳ですから、家でも外出先でもどんどん連絡が入るようになってもあなたは大丈夫ですか。そそて自分のプライベートな時間と仕事時間との区別はつくのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です